早漏の改善方法

medicine

挿入前にしっかりとお互いの興奮を高めて、いざ挿入!したは良いものの、あっと言う間に射精してしまって、
見るからに相手は物足りなさそうな表情。
こんな性行為を繰り返していては、そのうち性行為自体に恐怖心を抱くようになり、思い悩みすぎるとEDなど別の病気にも発展しかねません。
早漏は確かに男性にとっては重大な問題ですが、早漏は病気ではないので努力次第でちゃんと改善することができます。
例えば、陰茎が敏感すぎることで射精が早まってしまう過敏性早漏の人は、性行為の際には厚さの厚いコンドームを装着して見て下さい。
最近では避妊をしながらもより「生」に近い感覚を味わうために驚くほど薄いコンドームが販売されていますが、ここはあえて厚いコンドームを装着し、感覚を鈍らせるんです。
また、射精しそうになったら一度陰茎を取り出し、射精感が収まるのを待ちます。
これを何度か繰り返していけば、そのうちその射精感に慣れ、早漏が緩和されます。
この時、パートナーに射精管理を手伝ってもらうと、女性や性行為に対する興奮の免疫を付けることもできるのでおすすめですよ。
この「射精しそうになったら刺激をやめて射精感を抑える」と言う方法は、性行為だけでなく、自慰でも有効です。
自慰と言うのは自分の気持ち良いように自由にできるあまり、強く握りすぎたり、早く擦りすぎたりと強い刺激による短時間での射精に慣れすぎている可能性があります。
自慰をする際はたっぷりと時間を取り、人に見られるような危険性のない安全な場所でゆっくりと行うことがトレーニングになります。